九州・沖縄の外食産業(企業)売上げランキングBEST10

企業

帝国データバンク福岡支店がまとめた九州・沖縄の外食産業売上高ランキングによると、上位50社の売上高は2年連続の減少となったようです。その要因は新型コロナウイルス感染拡大に伴う、時短営業や休業が大きく影響しています。ただし、前年度と比較して売上高が伸びている企業もあります。例えば「やよい軒」や「ほっともっと」を運営するプレナスは1.8%増、JR九州ファーストフーズは18.9%増、力の源カンパニーは14.2%となっています。これは時短営業に伴う協力金の恩恵が大きいと言われています。

今後は訪日外国人の増加や国内旅行者の増加に伴い、業績は改善されていくと考えられていますが、一方で原料高による価格上昇の影響も大きく、企業の舵取りが難しくなるのではないでしょうか。

九州・沖縄の外食産業(企業)売上げランキングBEST10

今後、九州・沖縄にある外食産業で働きたいと考えている場合は、下記を参考にしてみてください。

【1位】株式会社プレナス(福岡県) 1,322億円
【2位】株式会社ジョイフル(大分県) 431億円
【3位】株式会社一蘭(福岡県) 154億円
【4位】株式会社ヒライ(熊本県) 152億円
【5位】東洋食品株式会社(福岡県) 130億円
【6位】JR九州ファーストフーズ株式会社(福岡県) 123億円
【7位】株式会社ウエスト(福岡県) 121億円
【8位】栄食メディックス株式会社(福岡県) 120億円
【9位】株式会社梅の花(福岡県) 97億円
【10位】株式会社力の源カンパニー(福岡県) 97億円

(参考)日本経済新聞社

NANAME KIKAKU

NANAME KIKAKU

京都市在住。 日本ソムリエ協会認定SAKE DIPLOMA(社)。日本ソムリエ協会正会員(No.29546)。大学卒業後、(株)マイナビに入社し約10年間、顧客企業の新卒・中途採用領域における採用ブランディング、クリエイティブディレクションを行う。退社後、SAKE DIPLOMA認定試験合格を機にNANAME KIKAKUの活動を始めました。いつまでもお酒が楽しめるように、毎年1回のフルマラソン完走を目標として健康な体づくりに励んでいます。

特集記事

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
TOP