女性起業家が多い都道府県、1位は福島県、2位は徳島県。最下位は京都のお隣

女性

日本政策金融公庫は創業前段階の融資先で女性起業家の人数を調査し、その結果を公表しました(沖縄除く)。それによると、2022年4月から9月の創業前融資先(全体)に占める女性起業家の割合は全国平均で27.8%となりました。

都道府県別では以下が上位10県となっています。

【1位】福島県 44.2%
【2位】徳島県 42.9%
【3位】香川県 40.6%
【4位】宮崎県 40.2%
【5位】福井県 39.3%
【6位】長崎県 38.2%
【7位】富山県 38.1%
【8位】岐阜県 37.1%
【9位】長野県 36.9%
【10位】愛媛県 36.4%

一方、最も女性起業家比率が低いのが滋賀県で20.0%となっています。また、女性起業家比率が高い都道府県ほど女性の賃金水準が低い傾向があるようです。

具体的にどのような業種での起業が多いのでしょうか。女性が創業する業種で最も多いのはサービス業で、美容室や理容室、ネイルサロン等が含まれます。次いで飲食店や宿泊業が多く、全般的に接客・サービス業が多いことが分かります。

(参考)日本経済新聞社

NANAME KIKAKU

NANAME KIKAKU

京都市在住。 日本ソムリエ協会認定SAKE DIPLOMA(社)。日本ソムリエ協会正会員(No.29546)。大学卒業後、(株)マイナビに入社し約10年間、顧客企業の新卒・中途採用領域における採用ブランディング、クリエイティブディレクションを行う。退社後、SAKE DIPLOMA認定試験合格を機にNANAME KIKAKUの活動を始めました。いつまでもお酒が楽しめるように、毎年1回のフルマラソン完走を目標として健康な体づくりに励んでいます。

特集記事

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
TOP